お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 9:30~18:30

境界問題、建物の欠陥など

  1. 岩垣法律事務所 >
  2. 不動産に関する記事一覧 >
  3. 境界問題、建物の欠陥など

境界問題、建物の欠陥など

【境界問題】
土地を取引する際に境界を定める測量図は重要な役割を担います。
そして、この測量図には「確定測量図」と「原状測量図」と「地積測量図」の3種類が存在し、それぞれの性質が異なります。
確定測量図とは、対象となる土地の境界線について、関係者である隣接土地の境界確認や公官庁の図面の元作成された図の事を指します。この図には所有者の境界承諾印が記載されており、基本的には所有者のみしか所持していません。
原状測量図とは一方が測定を行い境界についての現状を表した図です。この図はどちらか一方の所有者が単に土地を測量しただけであるため、土地の境界としては承認されていないケースがあります。
最後に地積測量図が存在します。地積測量図は法務局に登録されている確定測量図のことを指し、誰でも閲覧や写しの交付を請求・取得が可能となります。

【建物の欠陥】
民法では、住宅を購入した後に善意無過失である買主が建物に隠れた傷(瑕疵)を発見した場合、売主に対し損害賠償請求や契約目的が達成できない場合には解除を行う事が可能であると定めています。これを売主の瑕疵担保責任と言います。
具体的にどのような傷が瑕疵に該当するかというと、
・雨漏り
・天井裏の梁のひび割れ
・シロアリによる腐蝕
などの様に一見外からでは判断が難しいですが、どれも生活する上で重大な影響を及ぼす傷が瑕疵に該当するのです。
そして民法では、これらの瑕疵に対し責任を追及するためには、買主が瑕疵を発見した時から1年以内に行わなければならないと規定しています。

また、売主が不動産業者で買主が非業者である場合には、宅建業法が適用されます。この時は瑕疵担保責任に関して民法で定める規定よりも買主に不利となる特約を定めてなりませんが、担保責任を負う期間だけについては、目的物の引渡しの日から2年以上となる範囲で定めることが出来ます。

岩垣法律事務所では、府中・多摩・日野・国分寺を中心に境界問題や建物の欠陥についてのご相談を承っております。境界でのトラブルや購入した住宅に瑕疵があった際の対応など、不動産トラブルに関してお困りの方がいらっしゃいましたら、まずはお気軽にご相談ください。

岩垣法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺言書作成

    遺言書作成

    遺言書の種類には普通方式(公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言)と特別方式の二つがあります。今回は...

  • 刑事事件を弁護士に依頼するメリット

    刑事事件を弁護士に依頼...

    刑事事件を弁護士に相談するメリットには、以下のものがあります。 ■被害者と弁護士を通じて交渉できる。...

  • 相続財産の評価方法

    相続財産の評価方法

    相続税額を計算するにあたって、まず相続により取得した者に係る課税価格を計算することになりますがこの課税...

  • 暴行事件

    暴行事件

    暴行罪の成立する要件(構成要件)とは、 ①「暴行」を加えた者が ②「人を傷害するに至らなかった」こと ...

  • 遺産の使い込み

    遺産の使い込み

    相続人の一人が遺産、被相続人名義の預貯金を使い込み・横領していることは頻繁にあることです。特に被相続人...

  • 恐喝事件

    恐喝事件

    恐喝罪の成立する要件(構成要件)としては、 ①「人」を「恐喝」して ② 相手を畏怖させ、 ③ 処分行為...

  • 不動産問題を弁護士に依頼するメリット

    不動産問題を弁護士に依...

    不動産取引は多額のお金や権利が移動するため、一度トラブルが発生してしまうと取り返しのつかない事態にまで...

  • 相続財産の分け方

    相続財産の分け方

    民法には「遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一...

  • 遺産相続のトラブル

    遺産相続のトラブル

    遺産相続はお金が絡む問題だけあって、トラブルが多々あります。つい昨日まで仲のよかった兄弟姉妹が瞬く間に...

よく検索されるキーワード

ページトップへ