お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 9:30~18:30

万引きで後日逮捕されるケースとは

  1. 岩垣法律事務所 >
  2. 刑事事件に関する記事一覧 >
  3. 万引きで後日逮捕されるケースとは

万引きで後日逮捕されるケースとは

万引きにおいて後日逮捕されるケースとしては、万引き後に逃走し、防犯カメラの映像などから被疑者(加害者を指す法律用語)が判明したことで逮捕されるケースなどが挙げられます。
逮捕の主な目的が被疑者の逃走や証拠隠滅を防止することにあるため、被疑者が判明した場合でも適宜呼び出しを受けて警察から聴取がなされるなど、逮捕されないケースも多く存在します。

後日逮捕や現行犯逮捕された場合、逮捕後の三日間が重要となります。警察に逮捕された被疑者(俗にいう容疑者)は警察によって取り調べが行われ、48時間以内に検察に送致されます。検察でも同様に取り調べが行われ、24時間以内に起訴するか、さらに身柄を拘束する必要があると検察が判断すると、裁判官に10日以内の期間で勾留請求されます。また、勾留はさらに10日間を上限として延長されることがあるため、最大23日間身柄が拘束されることとなります。

この勾留期間を経て、起訴(検察が被疑者の処分を裁判所に求める)されると、刑事裁判が行われます。日本において刑事裁判の有罪率は99%を超えており、起訴までに被疑者が罪を犯していないことを示す証拠を示すなどして無罪を主張することが重要となります。

刑事事件に関しては身柄拘束を伴うことも多く、社会生活上の不利益を受けることが多くなっているため、スピード感をもって取り組むことが必要となります。
早めに弁護士に弁護を依頼することで、被疑者に有利な証拠を収集し、無罪の立証をすることで早期に釈放されることが期待できます。また罪を認める場合にも示談など被疑者に有利な活動を行うことが出来ます。示談が成立した場合には被害届が取り下げられることもあり、被害者の処罰感情が薄れることから刑の減軽が望め、不起訴(検察が起訴しないという判断に至った場合に取られる処分)にもつながりやすくなります。

岩垣法律事務所では、府中市、多摩市、日野市、国分寺市を中心に、窃盗事件に関するさまざまな問題のご相談を承っております。
窃盗事件に関するあらゆる問題に対応しておりますので、窃盗事件でお困りの際は、お気軽に当事務所までご連絡ください。

岩垣法律事務所が提供する基礎知識

  • 後遺障害

    後遺障害

    後遺障害とは、交通事故による負傷が完治せず、入院を続けてもそれ以上の回復が見込まれない状態になった症状...

  • 相続財産の評価方法

    相続財産の評価方法

    相続税額を計算するにあたって、まず相続により取得した者に係る課税価格を計算することになりますがこの課税...

  • 遺産の使い込み

    遺産の使い込み

    相続人の一人が遺産、被相続人名義の預貯金を使い込み・横領していることは頻繁にあることです。特に被相続人...

  • 遺言書作成

    遺言書作成

    遺言書の種類には普通方式(公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言)と特別方式の二つがあります。今回は...

  • インターネット関連の相談を弁護士に依頼するメリット

    インターネット関連の相...

    インターネットの掲示板やSNSで誹謗中傷を受けた場合、書き込みの削除や賠償請求をすることができます。し...

  • 相続開始から申告までの流れ

    相続開始から申告までの流れ

    相続税の申告と納付は、被相続人が亡くなった日の翌日から10ヶ月以内に行う必要があります。遺産分割協議は...

  • 任意売却

    任意売却

    不動産を担保にお金を借り入れた人が返済不可能な状況に陥った場合、お金を貸し付けた銀行などの債権者は、残...

  • 恐喝事件

    恐喝事件

    恐喝罪の成立する要件(構成要件)としては、 ①「人」を「恐喝」して ② 相手を畏怖させ、 ③ 処分行為...

  • 相続に関する相談を弁護士に依頼するメリット

    相続に関する相談を弁護...

    遺産を巡り兄弟同士で骨肉の争いをし、その後もぎくしゃくするほど悲しいことはありません。こんな事態になら...

よく検索されるキーワード

ページトップへ