お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 9:30~18:30

痴漢・わいせつ事件

  1. 岩垣法律事務所 >
  2. 刑事事件に関する記事一覧 >
  3. 痴漢・わいせつ事件

痴漢・わいせつ事件

痴漢やわいせつな行為をした場合、その態様によって様々な罪に問われます。

強制わいせつ罪(刑法176条)とは、13歳以上が客体の場合には、反抗を著しく困難にする程度の暴行・脅迫を用いた②わいせつ行為(=性的羞恥心を害する行為)が必要です。
13歳未満の場合には、②わいせつ行為のみで犯罪が成立します。

暴行・脅迫を用いなくとも、被害者の抵抗困難な状況を利用した場合には、準強制わいせつ罪が成立します。(刑法178条)

わいせつ行為の悪質性が低い場合、強制わいせつ罪ではなく、各都道府県の定める青少年育成条例違反として逮捕・起訴されることがあります。
痴漢行為も悪質性の違いによって、どの罪に問われるか異なります。

岩垣法律事務所が提供する基礎知識

  • 痴漢・わいせつ事件

    痴漢・わいせつ事件

    痴漢やわいせつな行為をした場合、その態様によって様々な罪に問われます。 強制わいせつ罪(刑法176条...

  • 借金問題を弁護士に依頼するメリット

    借金問題を弁護士に依頼...

    弁護士に借金問題を依頼した場合、最大のメリットは依頼した時点で金融業者(債権者)からの取立を止めること...

  • 慰謝料

    慰謝料

    交通事故に遭遇した際、被害者は慰謝料を請求します。 慰謝料の相場には以下の3つの基準があります。 ■...

  • 暴行事件

    暴行事件

    暴行罪の成立する要件(構成要件)とは、 ①「暴行」を加えた者が ②「人を傷害するに至らなかった」こと ...

  • 遺産の使い込み

    遺産の使い込み

    相続人の一人が遺産、被相続人名義の預貯金を使い込み・横領していることは頻繁にあることです。特に被相続人...

  • 刑事事件を弁護士に依頼するメリット

    刑事事件を弁護士に依頼...

    刑事事件を弁護士に相談するメリットには、以下のものがあります。 ■被害者と弁護士を通じて交渉できる。...

  • 借地関係の整理

    借地関係の整理

    建物の所有を目的とする地上権及び土地の賃貸借に関する契約の事を「借地契約」といいます。 賃貸借は民法に...

  • 債務整理

    債務整理

    債務整理には、「任意整理」・「特定調停」・「個人再生」・「自己破産」の4つの方法が存在します。これらの...

  • 労働問題を弁護士に依頼するメリット

    労働問題を弁護士に依頼...

    「職場内のトラブルなのだから、自分の力で解決できるはず。」 「弁護士費用が心配で、なかなか弁護士に依頼...

よく検索されるキーワード

ページトップへ