お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 9:30~18:30

労働に関する記事一覧

  1. 岩垣法律事務所 >
  2. 労働に関する記事一覧

労働

労働に関するトラブルは、主に以下の4つに大別することができます。

1.不当解雇・退職推奨
解雇に至る理由が漠然としていたり、納得できないものであるにもかかわらず、解雇を言い渡されてしまったり、退職を推奨されるといったトラブルを指します。
法律上、企業は従業員を簡単に解雇することは認められていません。解雇事由に疑問を覚えたら、すぐに弁護士にご相談いただきたいと思います。

2.残業代未払い
勤務時間を超えて残業をしたにもかかわらず、残業代が支払われない、またサービス残業を強要されるといったトラブルです。
残業代請求の時効は2年間であるため、2年以上前の残業代は請求できません。少しでも早い現状解決が必要です。

3.労働災害
仕事中に怪我を負ってしまった。そんな場合、労災保険給付を受けるためには会社の証明が必要です。しかし、会社側が「怪我人を出した」というレッテル貼りを恐れるなどの理由で、その証明を拒否するといったトラブルがあります。
そのような場合には、労働基準監督署にいち早く報告し、現状の改善を図ることが不可欠です。

4.職場内の人間トラブル
パワハラ、モラハラ、マタハラなど、「ハラスメント」に含まれるような言動や、職場内いじめなども労働トラブルに含まれます。
上記のようなトラブルに巻き込まれてしまった場合、「いつ」「誰に」「何を言われたか」等を詳細に記録することによって、ハラスメントやいじめの事実を客観的に証明することが大切でしょう。

また、以上の他にも、「内部告発」「派遣切り」「人事異動」など、労働に関するトラブルは多岐にわたります。

どのような労働問題であっても、迅速かつ適切な対応が求められることには代わりありません。
なぜなら、労働問題を放置しておくと、事実関係が曖昧になってしまったり、さらに問題が複雑化してしまうことが考えられるからです。

労働問題でお悩みの方は、少しでも早く、当事務所までご相談ください。

岩垣法律事務所では、「悩める人の道しるべ」をモットーとして、お困りのお客様に親身に対応いたしております。
府中市、多摩市、日野市、国分寺市を中心に、東京都、神奈川県にお住まいのお客様のお悩みに広くお応えしております。
労働事件など、出口の見えない法律トラブルは岩垣法律事務所までご相談ください。

労働に関する基礎知識や事例

  • 労働問題を弁護士に依頼するメリット労働問題を弁護士に依頼するメリット

    「職場内のトラブルなのだから、自分の力で解決できるはず。」 「弁護士費用が心配で、なかなか弁護士に依頼する気になれない。」 労働トラブルでお悩みの方の中には、このような方もいらっしゃるでしょう。...

岩垣法律事務所が提供する基礎知識

  • 個人再生

    個人再生

    個人再生は、裁判所を介して、すべての債務のうち一部を返済免除にしてもらい、残りの債務を3年から5年にか...

  • 後遺障害

    後遺障害

    後遺障害とは、交通事故による負傷が完治せず、入院を続けてもそれ以上の回復が見込まれない状態になった症状...

  • 恐喝事件

    恐喝事件

    恐喝罪の成立する要件(構成要件)としては、 ①「人」を「恐喝」して ② 相手を畏怖させ、 ③ 処分行為...

  • 遺産分割

    遺産分割

    相続できる親族の範囲は民法で定められており、これに該当する相続人を法定相続人と言います。もっとも、この...

  • 遺言書作成

    遺言書作成

    遺言書の種類には普通方式(公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言)と特別方式の二つがあります。今回は...

  • 慰謝料

    慰謝料

    交通事故に遭遇した際、被害者は慰謝料を請求します。 慰謝料の相場には以下の3つの基準があります。 ■...

  • 過失割合

    過失割合

    過失割合とは、事故の当事者における、交通事故の結果に対する責任の割合のことをいいます。 交通事故では...

  • 損害賠償

    損害賠償

    交通事故後の交渉では、損害賠償請求を行います。 損害賠償額は、被害者と加害者の示談交渉により決められ...

  • 障害事件

    障害事件

    傷害事件とは、相手の生理的機能に障害を与えた事件をいいます。 刑法204条の定める傷害罪、死亡させて...

よく検索されるキーワード

ページトップへ