お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 9:30~18:30

不当解雇 損害賠償

  1. 岩垣法律事務所 >
  2. 不当解雇 損害賠償

不当解雇 または 損害賠償に関する基礎知識記事や事例

  • 損害賠償損害賠償

    交通事故後の交渉では、損害賠償請求を行います。 損害賠償額は、被害者と加害者の示談交渉により決められますが、示談交渉では保険会社同士が話を進めてしまい、被害者が話に加われないことがしばしばあり...

  • 人身事故人身事故

    人身事故とは、交通事故により、被害者が怪我をしたり、後遺障害を患ったりする事故のことをいい、加害者には、行政・刑事・民事の3つの処分が科されることとなります。刑事処分としては逮捕や罰金などが、行...

  • 境界問題、建物の欠陥など境界問題、建物の欠陥など

    【境界問題】 土地を取引する際に境界を定める測量図は重要な役割を担います。 そして、この測量図には「確定測量図」と「原状測量図」と「地積測量図」の3種類が存在し、それぞれの性質が異なります。 確...

  • 交通事故発生から解決までの流れ交通事故発生から解決までの流れ

    交通事故を解決していくためには、適切な手順に沿って、手続きを行うことが必要です。 まず、事故発生後、後に損害賠償請求を行う際に必要となる交通事故証明書を取得するため、警察へ通報しなければなりま...

  • 刑事事件を弁護士に依頼するメリット刑事事件を弁護士に依頼するメリット

    刑事事件を弁護士に相談するメリットには、以下のものがあります。 ■被害者と弁護士を通じて交渉できる。 弁護士を通じて、冷静に事態に対処することが出来るのは、大きなメリットです。 検察官が、被...

  • 死亡事故死亡事故

    交通事故により人を死亡させた場合、加害者は、行政上・刑事上・民事上の責任の他に、社会的な責めを負うという道義的責任を負うことになります。 そして、加害者には、通常の交通事故の場合には過失運転致...

  • 著作権を弁護士に依頼するメリット著作権を弁護士に依頼するメリット

    「たかが自分の創作物が転載されたからといって、問題にしようとは思えない。」 「この程度で弁護士に依頼するのは気が引ける。」 著作権問題は、小さな程度から大きな問題まで含めると、私達の身近に存在し...

  • 後遺障害後遺障害

    後遺障害とは、交通事故による負傷が完治せず、入院を続けてもそれ以上の回復が見込まれない状態になった症状をいいます。交通事故によって後遺障害(後遺症)を負った場合に、損害賠償請求の手続きを進めてい...

  • 交通事故を弁護士を依頼するメリット交通事故を弁護士を依頼するメリット

    交通事故に遭遇した場合、弁護士に相談するべきだとしばしば言われますが、なぜでしょうか。以下その理由を説明します。 まず、加害者としては、交通事故を起こしてしまうと、免許停止などの行政上の不利益...

  • 過失割合過失割合

    過失割合とは、事故の当事者における、交通事故の結果に対する責任の割合のことをいいます。 交通事故では、加害者だけでなく、被害者にも何らかの過失が認められる場合があります。 そして、被害者に過失...

岩垣法律事務所が提供する基礎知識

  • 家賃値上げ請求・家賃値下げ要求

    家賃値上げ請求・家賃値...

    家賃値上げ請求・家賃値下げ要求は、頻繁に起こりうるトラブルであり、賃借人・賃貸人どちらの側としても関心...

  • 暴行事件

    暴行事件

    暴行罪の成立する要件(構成要件)とは、 ①「暴行」を加えた者が ②「人を傷害するに至らなかった」こと ...

  • 恐喝事件

    恐喝事件

    恐喝罪の成立する要件(構成要件)としては、 ①「人」を「恐喝」して ② 相手を畏怖させ、 ③ 処分行為...

  • 債務整理

    債務整理

    債務整理には、「任意整理」・「特定調停」・「個人再生」・「自己破産」の4つの方法が存在します。これらの...

  • 著作権を弁護士に依頼するメリット

    著作権を弁護士に依頼す...

    「たかが自分の創作物が転載されたからといって、問題にしようとは思えない。」 「この程度で弁護士に依頼す...

  • 過失割合

    過失割合

    過失割合とは、事故の当事者における、交通事故の結果に対する責任の割合のことをいいます。 交通事故では...

  • 死亡事故

    死亡事故

    交通事故により人を死亡させた場合、加害者は、行政上・刑事上・民事上の責任の他に、社会的な責めを負うとい...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続人は絶対に相続を承認して故人の権利義務を承継しなければいけないわけではなく、相続を放棄することもで...

  • 相続財産の評価方法

    相続財産の評価方法

    相続税額を計算するにあたって、まず相続により取得した者に係る課税価格を計算することになりますがこの課税...

よく検索されるキーワード

ページトップへ