お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 9:30~18:30

不当解雇 裁判

  1. 岩垣法律事務所 >
  2. 不当解雇 裁判

不当解雇 裁判に関する基礎知識記事や事例

  • 不当解雇の慰謝料請求方法不当解雇の慰謝料請求方法

    ■不当解雇と慰謝料 法の要件をみたさず行われた解雇は無効であり違法です。不当解雇された労働者は解雇期間中の賃金や精神的損害に対する慰謝料など、不当解雇によって生じた損害の賠償を請求できます。 ...

岩垣法律事務所が提供する基礎知識

  • 迷惑防止条例違反に該当する刑罰とは?

    迷惑防止条例違反に該当...

    迷惑防止条例はダフ屋行為や付きまとい行為、痴漢、盗撮といった様々な行為について取り締まるための条例です...

  • 後遺障害

    後遺障害

    後遺障害とは、交通事故による負傷が完治せず、入院を続けてもそれ以上の回復が見込まれない状態になった症状...

  • 労働問題を弁護士に依頼するメリット

    労働問題を弁護士に依頼...

    「職場内のトラブルなのだから、自分の力で解決できるはず。」 「弁護士費用が心配で、なかなか弁護士に依頼...

  • 万引きで後日逮捕されるケースとは

    万引きで後日逮捕される...

    万引きにおいて後日逮捕されるケースとしては、万引き後に逃走し、防犯カメラの映像などから被疑者(加害者を...

  • 不当解雇の慰謝料請求方法

    不当解雇の慰謝料請求方法

    ■不当解雇と慰謝料 法の要件をみたさず行われた解雇は無効であり違法です。不当解雇された労働者は解雇期間...

  • 慰謝料

    慰謝料

    交通事故に遭遇した際、被害者は慰謝料を請求します。 慰謝料の相場には以下の3つの基準があります。 ■...

  • 交通事故を弁護士を依頼するメリット

    交通事故を弁護士を依頼...

    交通事故に遭遇した場合、弁護士に相談するべきだとしばしば言われますが、なぜでしょうか。以下その理由を説...

  • 借地関係の整理

    借地関係の整理

    建物の所有を目的とする地上権及び土地の賃貸借に関する契約の事を「借地契約」といいます。 賃貸借は民法に...

  • 窃盗事件

    窃盗事件

    窃盗罪(刑法235条)の成立する要件(構成要件)は ①「他人の財物」を ②「窃取」し ③不法領得の意思...

よく検索されるキーワード

ページトップへ