お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 9:30~18:30

不動産問題を弁護士に依頼するメリット

  1. 岩垣法律事務所 >
  2. 不動産に関する記事一覧 >
  3. 不動産問題を弁護士に依頼するメリット

不動産問題を弁護士に依頼するメリット

不動産取引は多額のお金や権利が移動するため、一度トラブルが発生してしまうと取り返しのつかない事態にまで発展する恐れがあります。たとえば、せっかく土地を購入したのに法令上の制限が課されていているため、思うように運用できなくなるケースなどが存在します。
特に、不動産売買契約においては専門的な用語を用いて取引が行われるため、意味を理解しないまま契約書にサインしてしまうと、買主自身が損してしまう可能性が生まれてくるのです。
そして購入後、住宅に隠れた瑕疵が見つかった場合には直接不動産業者と交渉を行う必要があります。ただ、相手は不動産に関してプロであるため、こちらに被がないにも関わらず知識や経験の差でうまく言いくるめれてしまうケースも否定できません。
また、これ以外にも不動産賃貸借契約でのトラブルや賃料増減交渉・騒音トラブルなど幅広く不動産問題は存在するため、解決を図るためにはケースごとに合わせた適切なアプローチをとる必要があります。

そのため、不動産トラブルで困った際には専門家である弁護士に依頼を行うことで問題解決が見込める場合があります。
豊富な専門知識を持ち・様々なケースに対応してきた弁護士に不動産問題を相談することで、問題に対し的確なアドバイスを求めることが期待できます。
また、必要に応じて弁護士に代理人となってもらうことで、契約内容の確認や業者との交渉を行う事が可能となります。
そして幅広く不動産トラブルに対応しているため、賃借人・賃貸人どちらの立場であっても対応することが出来ます。

岩垣法律事務所では、府中・多摩・日野・国分寺を中心に不動産トラブルに関するご相談を幅広く承っております。業者との交渉方法や、契約内容の確認など、不動産トラブルでお悩みの方がいらっしゃいましたら、どのような問題であっても真摯に対応させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

岩垣法律事務所が提供する基礎知識

  • 暴行事件

    暴行事件

    暴行罪の成立する要件(構成要件)とは、 ①「暴行」を加えた者が ②「人を傷害するに至らなかった」こと ...

  • 遺言書作成

    遺言書作成

    遺言書の種類には普通方式(公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言)と特別方式の二つがあります。今回は...

  • 不動産問題を弁護士に依頼するメリット

    不動産問題を弁護士に依...

    不動産取引は多額のお金や権利が移動するため、一度トラブルが発生してしまうと取り返しのつかない事態にまで...

  • 障害事件

    障害事件

    傷害事件とは、相手の生理的機能に障害を与えた事件をいいます。 刑法204条の定める傷害罪、死亡させて...

  • 借地関係の整理

    借地関係の整理

    建物の所有を目的とする地上権及び土地の賃貸借に関する契約の事を「借地契約」といいます。 賃貸借は民法に...

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、交通事故により、被害者が怪我をしたり、後遺障害を患ったりする事故のことをいい、加害者には...

  • 自己破産

    自己破産

    自己破産とは、裁判所を介してすべての債務を免責してもらう手続きのことをいいます。これが認められると、債...

  • 相続開始から申告までの流れ

    相続開始から申告までの流れ

    相続税の申告と納付は、被相続人が亡くなった日の翌日から10ヶ月以内に行う必要があります。遺産分割協議は...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続人は絶対に相続を承認して故人の権利義務を承継しなければいけないわけではなく、相続を放棄することもで...

よく検索されるキーワード

ページトップへ