お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 9:30~18:30

悩める人の道しるべ

相続、交通事故、刑事事件などの出口の見えない法律トラブルは岩垣法律事務所へ

主な取扱業務

相続

相続

亡くなった人が残した遺産を受け取ることを相続と言います。亡くなって相続される人を被相続人、遺産を相続する人を相続人といいます。

相続できる親族の範囲は民法で定められており、これに該当する相続人を法定相続人と言います。もっとも、この法定相続人の中でも民法によって相続の優先順位が定められています。ただし、配偶者は、この相続順位とは関係なく、常に相続人となることができます。

被相続人は生前、自分が死んだ時、所有する財産等をどのように処分するかを書面に書き残すことができます。これを遺言と言います。遺言が法律上の効果を生じるためには,民法の定める一定の方式に従ってなされることを要します。遺言書の種類には普通方式(公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言)と特別方式の二つがあります。

詳しく見る

交通事故

交通事故

交通事故に遭遇すると、加害者だけでなく、被害者も、交通事故を起こしてしまったという焦りから、その場しのぎで解決し、素早く立ち去ってしまおうと考えることがしばしばあります。しかし、交通事故に遭遇した場合、適切な対応や手続きを行わないと、被害者が不利益を被ることになります。

交通事故の解決には、損害賠償請求や自賠責保険の請求などさまざまな手続きが必要となりますが、弁護士に任せれば安心して治療に専念することができます。当事務所では、難しい手続きを弁護士にお任せいただき、新たな人生の一歩を踏み出せるよう尽力させていただきます。

詳しく見る

不動産

不動産

不動産とは、土地やそれに定着する建物や立木のことです。

不動産は動産と比較し経済価値が高いケースが多いため、売買取引を行う際には慎重に契約内容を確認する必要があります。詳細な確認を行わず契約した場合、「法令上の制限が存在していた」などのトラブルを引き起こす可能性があります。
その一方で、建物所有を目的とする土地賃借権または地上権の事を借地権といい、賃料を支払いアパートやマンションなどの建物を借りる時には借地借家法の借家規定が適用されます。この賃貸借契約で発生するトラブルは私たちの生活に影響を及ぼすものであるため、問題が発生した際には弁護士に相談を行い適切なアプローチをとることが大切です。

詳しく見る

刑事事件

刑事事件

刑事事件は、事件が発生してからすぐに対応することが、その後の起訴、ひいては有罪などの処分に大きく関わります。また、被害者も刑事事件において、法的措置を取れる場合があります。
また、刑事事件においては、逮捕や起訴などといった刑事処分だけでなく、慰藉料や示談金など、民事においても問題になりえます。

初動の対応が遅れると、万引きなどで現行犯で逮捕されなかったのに、後日逮捕され起訴されることもあり得ます。

詳しく見る

労働

労働

「残業代がいつまで経っても支払われない…」、「上司からのパワハラで精神的に追い詰められている…」、「突然解雇されてしまったが、解雇事由に疑問がある…」

労働事件が裁判所で扱われる数は、年々増加の一途を辿っています。
とりわけ、働き方改革が叫ばれる現代では、これまで当たり前として皆が我慢してしまっていたことが「当たり前ではない、正当な権利」であるという認識が強くなってきました。
労働事件は、決して他人事ではありません。誰もが当事者となる可能性を秘めているのです。

詳しく見る

著作権

著作権

「著作権」とは、ある「著作物」を創作した「著作権者」に与えられる権利を指します。明確な形を持たない無体財産権であり、著作物には書籍、音楽、絵画、映画など、数多くの創作物が該当します。

私達が日常的に接している「著作物」ですが、いざ著作権問題となると、知識がなく、困惑してしまう方がほとんどです。
一方、モノと情報が溢れている現代社会において、絵画の盗作問題や、音楽のパクリ騒動など、実に多くの著作権問題が発生しています。
聞き慣れない「著作権問題」は、私達のすぐ近くで、今もなお発生のリスクを抱えているのです。

詳しく見る

借金問題

借金問題

借金問題はなかなか他人に相談することができず、つい自分一人で悩み込んでしまいがちです。

銀行やクレジットカード、消費者金融など、いろいろなところから借入をしていると、自分の借金の借入先すら把握できていないという場合もあります。そのため、借金で問題を抱えて際は、まず借入先と借金(債務)の総額を把握しましょう。

もし、これからの収入の見込みと借金の返済総額に乖離があり、現実的に返済が困難であるといった場合には、「債務整理」という方法をとることができます。また、10年以上に渡って金融業者から借入をしている場合には過払い金が発生しているかも知れませんので、返還請求でお金を取り戻すことが可能です。

このように、借金で問題を抱えていたとしても、解決できる手段は複数あるのです。

詳しく見る

岩垣法律事務所が提供する基礎知識

  • インターネット関連の相談を弁護士に依頼するメリット

    インターネット関連の相...

    インターネットの掲示板やSNSで誹謗中傷を受けた場合、書き込みの削除や賠償請求をすることができます。し...

  • 相続財産の分け方

    相続財産の分け方

    民法には「遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一...

  • 個人再生

    個人再生

    個人再生は、裁判所を介して、すべての債務のうち一部を返済免除にしてもらい、残りの債務を3年から5年にか...

  • 遺言書作成

    遺言書作成

    遺言書の種類には普通方式(公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言)と特別方式の二つがあります。今回は...

  • 過払い返済

    過払い返済

    利息制限法の上限利率よりも高い利率で借金を返済していた場合、過払い金が発生しています。 利息制限法に...

  • 示談交渉

    示談交渉

    交通事故発生後、当事者双方において示談交渉を始めることとなります。 示談交渉までの流れとしては、まず...

  • 痴漢・わいせつ事件

    痴漢・わいせつ事件

    痴漢やわいせつな行為をした場合、その態様によって様々な罪に問われます。 強制わいせつ罪(刑法176条...

  • 恐喝事件

    恐喝事件

    恐喝罪の成立する要件(構成要件)としては、 ①「人」を「恐喝」して ② 相手を畏怖させ、 ③ 処分行為...

  • 借金問題を弁護士に依頼するメリット

    借金問題を弁護士に依頼...

    弁護士に借金問題を依頼した場合、最大のメリットは依頼した時点で金融業者(債権者)からの取立を止めること...

よく検索されるキーワード

代表弁護士

岩垣 敬道
弁護士
岩垣 敬道
経歴
昭和56年 5月 広島市生まれ
平成16年 3月 電気通信大学卒業
平成17年12月 都内IT企業を退職
平成18年 4月 法政大学法科大学院入学
平成23年 9月 司法試験合格
平成23年11月 最高裁判所司法研修所入所(第65期、松江修習)
平成25年 1月 広島弁護士会登録
平成27年 9月 東京弁護士会へ登録替え、岩垣法律事務所開設

事務所概要

事務所名 岩垣法律事務所
代表弁護士 岩垣 敬道
所在地 〒183-0055 東京都府中市府中町2-3-11府中KTマンション302
電話番号 042-403-2381
FAX番号 050-3737-3041
営業時間 平日 9:30-18:30
定休日 土曜・日曜・祝日
URL http://www.iwagaki-law.com/

ページトップへ