お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 9:30~18:30

後遺障害

  1. 岩垣法律事務所 >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. 後遺障害

後遺障害

後遺障害とは、交通事故による負傷が完治せず、入院を続けてもそれ以上の回復が見込まれない状態になった症状をいいます。交通事故によって後遺障害(後遺症)を負った場合に、損害賠償請求の手続きを進めていくためには、後遺障害等級認定申請を行い、「後遺障害の有無」と「後遺障害の程度」を認定してもらう必要があります。

以下、その流れを説明していきます。

まず前提として、交通事故による負傷では、治療を継続する必要があります。治療を止めてしまうと、その時点で治癒したものと見なされ、後遺障害の認定を受けることが困難となります。医師に症状固定を言い渡されるまで通院を続ける必要があります。

症状固定とは、それ以上治療を続けても、症状の大幅な回復が望めなくなった段階のことをいいます。しばしば、保険会社から症状固定を求める連絡や書類が送られてくる場合がありますが、あくまで症状固定は医師が行うものであることに注意が必要です。

そしてその後、後遺障害等級認定の手続きを進めていくこととなります。この手続きを進める際に注意すべきことは、等級の認定は全て書面のみで行われることです。

まず、手続きの際には、医師に後遺障害診断書を作成してもらいます。そして、後遺障害等級認定の申請に移りますが、申請の方法は2種類あります。
■事前認定
 事前認定は、自動車損害賠償法第15条が適用されるものです。この事前認定は、自賠責保険に加入している運転者が、症状固定前に後遺障害認定を事前に申請する手続きをいいます。つまり、加害者側が事前に申請を行うことになります。
 
 この事前認定は、保険会社が一切の申請手続きを行うため、被害者の手続きは比較的楽なものとなります。しかし、事前認定では、加害者が加入する任意保険会社が、自賠責保険と任意保険による損害賠償金を一括で支払う、一括払いという制度を利用するため、早期に等級認定を行い支払金額を確定させていきます。

 この一括払いによる損害賠償金の支払いは、示談成立が条件となっているため、認定された等級が満足のいかないもので、示談を成立させたくないと考えた場合、損害賠償金が一切支払われないことになるため、注意が必要です。

■被害者請求
 被害者請求は、自動車損害賠償保障法に規定されている公正な手続きです。

 交通事故証明書などで加害者が加入している自賠責保険の会社を調べ、そこに直接請求を行うことができるものです。任意保険会社に任せず、有利に手続きを進めることができます。医師による後遺障害診断書などを準備するところまでは事前認定と同じですが、その際、必要な書類を揃え、提出するところまで被害者本人が行います。

 後遺障害等級認定請求書は、加害者が加入する自賠責保険会社に請求して入手します。またその他必要な書類も準備します。また、休業損害が発生している場合は、源泉徴収票、主婦の場合は住民票など、状況により必要な書類を揃え、加害者側の自賠責保険会社に提出します。その書類は損害保険料算出機構に送られ、等級認定の調査手続きが行われます。


なお、後遺障害が認定されると、その等級に応じた逸失利益と慰謝料が支払われます。等級は1~14等級まであり、1級が一番高い等級となります。

認定された等級に納得がいかない場合は、自賠責保険会社に異議申し立てを行うことができます。異議申し立てには、新たな医学的証拠を示す書類が必要となります。

岩垣法律事務所は、東京都、神奈川県を中心に、相続、交通事故、刑事事件などの相談を主に行っております。
悩める人の道しるべとなるよう、出口の見えない問題を解決して参ります。
お客様のお悩みに真摯に対応して参りますので、お気軽にご相談ください。

岩垣法律事務所が提供する基礎知識

  • インターネット関連の相談を弁護士に依頼するメリット

    インターネット関連の相...

    インターネットの掲示板やSNSで誹謗中傷を受けた場合、書き込みの削除や賠償請求をすることができます。し...

  • 境界問題、建物の欠陥など

    境界問題、建物の欠陥など

    【境界問題】 土地を取引する際に境界を定める測量図は重要な役割を担います。 そして、この測量図には「確...

  • 遺産相続のトラブル

    遺産相続のトラブル

    遺産相続はお金が絡む問題だけあって、トラブルが多々あります。つい昨日まで仲のよかった兄弟姉妹が瞬く間に...

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、交通事故により、被害者が怪我をしたり、後遺障害を患ったりする事故のことをいい、加害者には...

  • 刑事事件を弁護士に依頼するメリット

    刑事事件を弁護士に依頼...

    刑事事件を弁護士に相談するメリットには、以下のものがあります。 ■被害者と弁護士を通じて交渉できる。...

  • 損害賠償

    損害賠償

    交通事故後の交渉では、損害賠償請求を行います。 損害賠償額は、被害者と加害者の示談交渉により決められ...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続人は絶対に相続を承認して故人の権利義務を承継しなければいけないわけではなく、相続を放棄することもで...

  • 死亡事故

    死亡事故

    交通事故により人を死亡させた場合、加害者は、行政上・刑事上・民事上の責任の他に、社会的な責めを負うとい...

  • 任意売却

    任意売却

    不動産を担保にお金を借り入れた人が返済不可能な状況に陥った場合、お金を貸し付けた銀行などの債権者は、残...

よく検索されるキーワード

ページトップへ