お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 9:30~18:30

損害賠償

  1. 岩垣法律事務所 >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. 損害賠償

損害賠償

交通事故後の交渉では、損害賠償請求を行います。

損害賠償額は、被害者と加害者の示談交渉により決められますが、示談交渉では保険会社同士が話を進めてしまい、被害者が話に加われないことがしばしばあります。そのため、交通事故の示談交渉は、弁護士に相談することをおすすめします。

損害賠償の種類は多岐に渡ります。被害者が損害賠償を請求できる損害は、物的損害と人的損害があり、人的損害には、財産的損害と精神的損害があります。

物的損害とは、物が壊れる被害のことで、物損に対する慰謝料は認められません。物的損害では、以下のような内容の賠償を請求することができます。
■修理費
 車両が壊れた際、その車両が修理可能な場合は修理費に相当する金額を請求することができます。修理費は、交通事故が原因となり発生した破損について、必要性や相当性が認められる範囲で請求することができます。
■経済的全損
 交通事故により壊れた車両の修理費が、車両の再取得価格を超える場合を経済的全損といいます。
経済的全損では、修理が困難な状態の場合は、事故前の車両の時価額と事故後の車両の売却金額との差額が損害額となり、車両の買い替えの際に発生する登録手続き関係の費用も損害として認められます。
また、その他代車使用料、タクシーやハイヤー等の場合は休車損、交通事故により積荷などに被害を受けた場合は積荷損なども請求することができます。

人身損害とは、交通事故により受けた、被害者の生命や身体に対する侵害により生じる損害をいいます。人身損害では、以下の損害を請求することができます。
■積極的財産損害
 治療費、入院費、通院交通費など、交通事故の被害者となってしまったために支払うこととなった損害をいいます。
■消極的財産損害
 治療により仕事を休んだために生じた損害、後遺障害により生じた逸失利益など、本来得られたはずの利益が失われたことによる損害をいいます。
■精神的損害
 後遺障害や、遺族の死亡などによる精神的苦痛に対する損害をいいます。

岩垣法律事務所は、東京都、神奈川県を中心に、相続、交通事故、刑事事件などの相談を主に行っております。
悩める人の道しるべとなるよう、出口の見えない問題を解決して参ります。
お客様のお悩みに真摯に対応して参りますので、お気軽にご相談ください。

岩垣法律事務所が提供する基礎知識

  • 損害賠償

    損害賠償

    交通事故後の交渉では、損害賠償請求を行います。 損害賠償額は、被害者と加害者の示談交渉により決められ...

  • 窃盗事件

    窃盗事件

    窃盗罪(刑法235条)の成立する要件(構成要件)は ①「他人の財物」を ②「窃取」し ③不法領得の意思...

  • 債務整理

    債務整理

    債務整理には、「任意整理」・「特定調停」・「個人再生」・「自己破産」の4つの方法が存在します。これらの...

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、交通事故により、被害者が怪我をしたり、後遺障害を患ったりする事故のことをいい、加害者には...

  • 恐喝事件

    恐喝事件

    恐喝罪の成立する要件(構成要件)としては、 ①「人」を「恐喝」して ② 相手を畏怖させ、 ③ 処分行為...

  • 遺産相続のトラブル

    遺産相続のトラブル

    遺産相続はお金が絡む問題だけあって、トラブルが多々あります。つい昨日まで仲のよかった兄弟姉妹が瞬く間に...

  • 遺言書作成

    遺言書作成

    遺言書の種類には普通方式(公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言)と特別方式の二つがあります。今回は...

  • 過失割合

    過失割合

    過失割合とは、事故の当事者における、交通事故の結果に対する責任の割合のことをいいます。 交通事故では...

  • 著作権を弁護士に依頼するメリット

    著作権を弁護士に依頼す...

    「たかが自分の創作物が転載されたからといって、問題にしようとは思えない。」 「この程度で弁護士に依頼す...

よく検索されるキーワード

ページトップへ