お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 9:30~18:30

弁護士費用に関する記事一覧

  1. 岩垣法律事務所 >
  2. 弁護士費用に関する記事一覧

弁護士費用

弁護士費用の種類

着手金
弁護士に依頼し、事件処理を始める前にお支払い頂くものです。依頼事項の結果にかかわらず、原則としてお返ししません。
報酬金
依頼事項が終了したときに、依頼事項の達成度(成功の程度)に応じてお支払い頂くものです。委任契約を締結する際(着手する前)に、定額とする場合や、経済的利益の○割というように決めておくのが通常です。
実費
依頼事項の処理のために支出することになる費用です。裁判所に書類を提出する際の収入印紙、郵便切手、交通費や宿泊を伴う出張の際の宿泊費などです。
日当・出張料
委任事項の処理のため、移動などに要する時間に応じてお支払い頂くものです。

各種費用(全て税込み)

事件の内容等によって変動します。具体的な金額は弁護士に直接お尋ねください。
※なお、一定の要件を満たす方については法律相談料や民事事件の報酬を法テラスが立て替える制度が利用できます。お気軽にお尋ねください。

法律相談

時間 着手金
30分 5500円

※法テラスの立替制度をご利用頂ける場合もあります

民事事件の一般的基準

項 目 着手金 報酬金
経済的利益の額が
300万円以下
11%
(ただし最低額は11万円)
16.5%
(原則として最低額11万円)
経済的利益の額が
300万円を超え3000万円以下
5.5% + 16.5万円 11% + 16.5万円
経済的利益の額が
3000万円を超え3億円以下
3.3% + 82.5万円 6% + 135万円
経済的利益の額が
3億円を超える
2.2% + 412.5万円 4.4% + 808.5万円

※調停事件は上記表の3分の2(最低額は11万円)
※交渉・調停から訴訟となった場合の着手金は上記表の2分の1

債務整理

項 目 着手金 報酬金
自己破産申立 22万円~ 0円~
(ただし特に複雑な事案などの場合、着手金額を上限として請求することがあります)
任意整理(減額交渉) 1債権者当たり3.3万円 減額された額の10%
過払金返還請求 上記一般的基準による
(ただし受任時に約定残高を完済されている場合または自己破産を受任している場合の着手金は0円
訴訟にならなかった場合、回収額の20%
訴訟になった場合、回収額の25%~

相続

項 目 着手金 報酬金
交渉・調停・審判 上記一般的基準による 上記一般的基準による

※遺産のうち、争いのない範囲の経済的利益は、評価額の3分の1とする

岩垣法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺留分とは

    遺留分とは

    ■遺留分の意義 相続は、被相続人(亡くなった方)が遺言書を作成していたかどうかによって、大きく変わって...

  • 慰謝料

    慰謝料

    交通事故に遭遇した際、被害者は慰謝料を請求します。 慰謝料の相場には以下の3つの基準があります。 ■...

  • 相続法改正でいつからどう変更されたか

    相続法改正でいつからど...

    2019年から2020年にかけて、いわゆる「改正相続法」が施行されます。これによって、今までとは異なる...

  • 示談交渉

    示談交渉

    交通事故発生後、当事者双方において示談交渉を始めることとなります。 示談交渉までの流れとしては、まず...

  • 建物明け渡し

    建物明け渡し

    建物の明け渡しを求める多くのケースは賃借人の家賃滞納が原因です。 また、その他の要因として、自分の身...

  • 遺産の使い込み

    遺産の使い込み

    相続人の一人が遺産、被相続人名義の預貯金を使い込み・横領していることは頻繁にあることです。特に被相続人...

  • 相続財産の分け方

    相続財産の分け方

    民法には「遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一...

  • 著作権侵害された時の対処方法

    著作権侵害された時の対処方法

    著作権の侵害が認められる事例について以下にご紹介します。 〇他人の書いた文章を勝手に使用し、公に発表...

  • 借金問題を弁護士に依頼するメリット

    借金問題を弁護士に依頼...

    弁護士に借金問題を依頼した場合、最大のメリットは依頼した時点で金融業者(債権者)からの取立を止めること...

よく検索されるキーワード

ページトップへ