お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 9:30~18:30

物損事故 保険

  1. 岩垣法律事務所 >
  2. 物損事故 保険

物損事故 または 保険に関する基礎知識記事や事例

  • 後遺障害後遺障害

    後遺障害とは、交通事故による負傷が完治せず、入院を続けてもそれ以上の回復が見込まれない状態になった症状をいいます。交通事故によって後遺障害(後遺症)を負った場合に、損害賠償請求の手続きを進めてい...

  • 慰謝料慰謝料

    交通事故に遭遇した際、被害者は慰謝料を請求します。 慰謝料の相場には以下の3つの基準があります。 ■自賠責基準  自賠責基準とは、「自賠責保険」により定められた基準をいいます。自賠責保険とは、...

  • 事故で高次脳機能障害になったときの慰謝料とは事故で高次脳機能障害になったときの慰謝料とは

    ■事故で高次脳機能障害になったときの慰謝料とは 高次脳機能障害は後遺障害ですので、後遺障害等級に応じて慰謝料額も決まってくることになります。等級に応じた具体的な基準額は以下の通りです。 【自...

  • 人身事故人身事故

    人身事故とは、交通事故により、被害者が怪我をしたり、後遺障害を患ったりする事故のことをいい、加害者には、行政・刑事・民事の3つの処分が科されることとなります。刑事処分としては逮捕や罰金などが、行...

  • 交通事故を弁護士を依頼するメリット交通事故を弁護士を依頼するメリット

    交通事故に遭遇した場合、弁護士に相談するべきだとしばしば言われますが、なぜでしょうか。以下その理由を説明します。 まず、加害者としては、交通事故を起こしてしまうと、免許停止などの行政上の不利益...

  • 損害賠償損害賠償

    交通事故後の交渉では、損害賠償請求を行います。 損害賠償額は、被害者と加害者の示談交渉により決められますが、示談交渉では保険会社同士が話を進めてしまい、被害者が話に加われないことがしばしばあり...

  • 死亡事故死亡事故

    交通事故により人を死亡させた場合、加害者は、行政上・刑事上・民事上の責任の他に、社会的な責めを負うという道義的責任を負うことになります。 そして、加害者には、通常の交通事故の場合には過失運転致...

  • 示談交渉示談交渉

    交通事故発生後、当事者双方において示談交渉を始めることとなります。 示談交渉までの流れとしては、まず、交通事故発生後に警察に通報し、示談交渉の相手となる加害者の身元を確認します。 そして、警...

  • 過失割合過失割合

    過失割合とは、事故の当事者における、交通事故の結果に対する責任の割合のことをいいます。 交通事故では、加害者だけでなく、被害者にも何らかの過失が認められる場合があります。 そして、被害者に過失...

  • 交通事故発生から解決までの流れ交通事故発生から解決までの流れ

    交通事故を解決していくためには、適切な手順に沿って、手続きを行うことが必要です。 まず、事故発生後、後に損害賠償請求を行う際に必要となる交通事故証明書を取得するため、警察へ通報しなければなりま...

岩垣法律事務所が提供する基礎知識

  • 痴漢・わいせつ事件

    痴漢・わいせつ事件

    痴漢やわいせつな行為をした場合、その態様によって様々な罪に問われます。 強制わいせつ罪(刑法176条...

  • 万引きで後日逮捕されるケースとは

    万引きで後日逮捕される...

    万引きにおいて後日逮捕されるケースとしては、万引き後に逃走し、防犯カメラの映像などから被疑者(加害者を...

  • 遺言書作成

    遺言書作成

    遺言書の種類には普通方式(公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言)と特別方式の二つがあります。今回は...

  • 高次脳機能障害で等級認定されるには

    高次脳機能障害で等級認...

    ■高次脳機能障害で等級認定されるには ・高次脳機能障害とは 交通事故により頭部外傷を受けて意識障害を生...

  • 遺産相続のトラブル

    遺産相続のトラブル

    遺産相続はお金が絡む問題だけあって、トラブルが多々あります。つい昨日まで仲のよかった兄弟姉妹が瞬く間に...

  • 交通事故を弁護士を依頼するメリット

    交通事故を弁護士を依頼...

    交通事故に遭遇した場合、弁護士に相談するべきだとしばしば言われますが、なぜでしょうか。以下その理由を説...

  • 不動産問題を弁護士に依頼するメリット

    不動産問題を弁護士に依...

    不動産取引は多額のお金や権利が移動するため、一度トラブルが発生してしまうと取り返しのつかない事態にまで...

  • 窃盗の時効について

    窃盗の時効について

    窃盗に関しては、刑事上の時効と民事上の時効の2種類があります。 刑事上の時効とは公訴時効と呼ばれるも...

  • 窃盗事件

    窃盗事件

    窃盗罪(刑法235条)の成立する要件(構成要件)は ①「他人の財物」を ②「窃取」し ③不法領得の意思...

よく検索されるキーワード

ページトップへ